口コミランキングでも高評価の
ミネラルファンデーションとは?

HOME » もう迷わない!ミネラルファンデーションの選び方 » パウダータイプ?リキッドタイプ?

パウダータイプ?リキッドタイプ?

こちらのページでは、パウダーやリキッドなどファンデーションの種類とメリット・デメリットについてご紹介します。

ファンデーションタイプ別「メリット」「デメリット」

ファンデーションにはいくつか形状がありますが、大半はパウダーかリキッドに分類されます。パウダーの中には完全に粉状になっているルースタイプと、固められているコンパクトタイプがあり、市販されているほとんどはこの3種類のどれかにあたります。それぞれの形状にはメリットはもちろんデメリットもあるため、メイクするシチュエーションや時間、仕上がりなど、様々なポイントを吟味して自分に合うタイプを探していきましょう。

リキッドタイプ

「メリット」
液状で伸びがよく、肌をカバーする効果に優れており小じわなども隠してしまいます。しっとり潤い、ツヤ・透明感が出てナチュラルに仕上がるため、素肌感が演出できます。耐水性や耐油性も高く、化粧崩れもしにくいのがメリットです。ものによっては複数のメイクアイテムの機能を備えていますので、時短・コスパUPにも繋がることもあります。

「デメリット」
商品によっては初心者には扱いが難しく、厚塗りになりがち。毛穴がふさがって肌トラブルになる可能性もありますが、さらっとしたタイプであれば回避出来ます。また、外出先等ではリキッドタイプを用いた化粧直しは出来ないため、プレストパウダーなどを別途購入しなければなりません。

コンパクトタイプ

「メリット」
メイクが苦手な人でも簡単・きれいに仕上げられる、一番使いやすいタイプ。メイク時間もあまりとられませんし、質感も軽いので厚化粧になることはないでしょう。お肌への負担も少ないので、ファンデが原因で肌トラブルになる可能性は低いです。パフを入れる場所もケースについているので常にメイクポーチに携帯でき、サッと取り出してメイク直しができます。

「デメリット」
カバー力はあまり高くないので、気になるところにはコンシーラーなどが必要な場合も。化粧崩れも起きやすいので、きれいな状態を保つには定期的に塗りなおしが必要です。

ルースパウダータイプ

「メリット」
ミネラルファンデーションに一番多いのがこのタイプ。お肌の敵である防腐剤や安定剤が不要、さらに界面活性剤やシリコン・水なども配合されていないので肌に優しいのが最大の特徴です。さらさらの粉がそのまま容器に入っており、コンパクトタイプよりさらに軽い付け心地で、もとの肌を生かしたナチュラルメイクが演出できます。他のタイプよりもお値段が安い上、ごくごく少量の粉でお肌全体をカバーできるので、コスパはかなり高め。薄付きなのでメイク落としも簡単です。

「デメリット」
専用のブラシを使わなければいけないファンデは、お直し用ブラシも携帯しなければなりません。また、粉が飛んでしまったり、容器を倒して大変なことになったりするので、携帯にはあまり向いていないようです。